Facebook/フェイスブック

 

政策

共働き世帯に配慮した街づくり
現在さまざまな要因から非正規雇用や低賃金雇用が増えており、共働きの家族が増加している。しかし現在の条例・法案はあくまで男性が働き、女性は専業主婦というモデルを中心に設計されており、それらを共働きにも配慮した街づくりを目指す。また景気低迷の大きな要因は労働人口の減少であり、女性の社会進出を後押しすることで地域経済の活性化を目指す。

 

若年層の地元への定着
現在多くの若者が高校卒業後都会へと流出しており、働き手の減少が地域低迷の大きな要因である。その為ワークシェアリングの提案など地域独自の雇用政策を探り雇用の創出を目指す

 

地域独自の教育・町づくりの提唱
山口には大内文化・明治維新など豊富な歴史資源を有している。これらを生かした教育町づくりこそが、郷土愛を深めてゆく。その郷土愛こそが、地元への就職やUターンIターンなどの増加や魅力ある町づくりにつながる。